忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハ・ジウォン“キム・ミョンミンうつ病? 私がもっと深刻で蟄居生活中” 


ハ・ジウォン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 














女ハ・ジウォン(31)はいなかった。 インタビュー場所には女ハ・ジウォンになりたい俳優ハ・ジウォンだけがいた。 女優は作品でも画報でもいつも派手で美しい姿だ。 女ハ・ジウォンは消え表面は派手な俳優ハ・ジウォンだけ残った。 模範生のように演技にだけ没頭して真の女ハ・ジウォンや人間ハ・ジウォンは忘れて生きる。 そうするうちに三十才を越えた。 この頃15年間俳優として生きながら忘れていた女ハ・ジウォン、人間ハ・ジウォンを探求するところだ。 “次から次へと自分知っていく過程がひたすら楽しくて幸せ”というハ・ジウォンを秋のにおいとコーヒー香りが交わったあるカフェで会った。

#蟄居モード

映画‘私の愛私のそばに’を通じてルーゲリク患者の妻チス生活を送ったハ・ジウォンはまだ‘蟄居モード’ ‘憂鬱モード’といった。 だから‘私の愛私のそばに’がクランクアップした後、7月‘海雲台(ヘウンデ)’プロモーション当時非常に大変だった。 その時も今でも人に会うのが面倒でぬれるほどうつ病になっている。
“本来の人会うのが好きだったが撮影4ヶ月間映画に関係した人以外には誰も会わなかった。 はなはだしきは撮影が終わった後4ヶ月の間も人に会わなかったです。 ‘私の愛私のそばに’ジョンウのために8ヶ月の間そのように生きたのです。 誰かと話すことさえ大変でした。 友人との約束も取り消しました。 まだそのような時があります。 蟄居しています。 外部と遮断されたまま。 5月に撮影を終えたが今でも沈鬱な時が多いです。 気分転換のために車でずっと2NE1や2PM曲を聞いたりもします。 それで気分が良くなります。”

#花樹人のような俳優

相手が映画の話をしようと要請して時間を切らなければ24時間でも話をする俳優だ。 それだけ演技情熱に終わりがない花樹人のような俳優だ。
“ルーゲリック病にかかった男を愛した経験がないでしょう。 それでドキュメンタリーのような物をたくさん見ました。 以前には感じることが出来ない感情を私の中で引き出して演技するというのが大変だったんですよ。 パク・ジンピョ監督が感情の順に撮らなかったら多分本当に骨を折ったでしょう。 でもジョンウはジョンウでミョンミン氏はミョンミン氏ですよ。 ‘バリでの出来事’の時もそうで毎度作品の中で男性と愛に陥ります。 本当に熱烈に。”
ハ・ジウォンはドラマ‘茶母(タモ)’ ‘ファン・ジニ’撮影当時、配役に恐ろしく没頭して抜け出しにくかったように今回もチスから抜け出るのに時間が長くかかっている。 抜け出したいが抜け出すことができないのでなく、わざわざ抜け出したくなくてチスを捕まえているといった。
“本当にチスになったようでした。 それでマスコミ試写会の時も涙を流しましたよ。 撮影当時感じた感情を度々思い出します。 家族や知人がこの頃も‘君はハ・ジウォンだ。 はやくハ・ジウォンに戻って!’と話します。 だが私がチスを送りたくなくてずっと捕まえています。 思い出を捨てたくなくて捕まえます。”
ハ・ジウォンはチスのために普段好んだ運動もやめて愛する酒ともしばらく離別を告げた。 ジョンウ役のキム・ミョンミンが減量する時も序盤には痩せることを共にした。 わざわざ痩せたのではなく感情に没頭して見たらやつれたのだ。

#もうファムファタール

‘1番街の奇跡’ ‘海雲台(ヘウンデ)’ ‘私の愛私のそばに’まで、この頃ハ・ジウォンはノーメイクに近い姿で観客と会っている。 五色燦燗した‘ファン・ジニ’以後派手な役割が懐かしくはないかという質問に気迷いなしで明快な返事が返ってきた。 致命的なセクシーな魅力のハ・ジウォンを見る日が遠くないようだ。
“派手なキャラクターを懐かしがったことはないです。 今回の作品でアクション演技をたくさんしたとすれば次にはからだは休みたくて軽いキャラクターをします。 今回の作品で気さくな葬儀指導者役をしたので次の作品ではファムファタール役もしてみたいです。 そういえば一人の男を破滅に達するようにするファムファタール演技はした記憶がないですね。 ファムファタール役には女性の香りが必要なのに私が上手に出来るでしょうか?”
俳優としてはファムファタールになりたいが個人的には‘女’になりたいです。 一人の男の女。
“映画のように愛してみたいです。 この前から自分自身を知りたいと思うようになりました。 女ハ・ジウォン、人間ハ・ジウォンの再発見でしょう。 私を知る最中です。 それでも私のためにだけには生きないです。 演技する俳優ハ・ジウォンですから。”

 



PR

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

ようこそ~♪

映画「私の愛、私のそばに」の日本公開に向けて別館ブログを立ち上げました。 最新情報やキム・ミョンミン氏の過去のインタビュー記事等を紹介します。 こちらではコメントは受け付けていませんので、映画やミョンミンさんについてのコメントは本館「はっぴーるぴなす」でお待ちしております~(*^。^*) http://happylupin.blog113.fc2.com/
当ブログはリンクフリーです。 「私の愛、私のそばに」日本公開に向けて一緒に楽しんでくださるサイト様のリンク大歓迎いたします☆

「私の愛、私のそばに」公式サイト

「私の愛、私のそばに」公式サイト

予告編


カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

公開から何日と何時間

最新トラックバック