忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハ・ジウォン まだその愛に胸が詰まった感じでよく聞こえません

20090918-5.jpg






























ハ・ジウォン“作品する間劇中の相手と本当に愛” 
  

“まだその愛に胸が詰まった感じでよく聞こえません。”

~抜粋~

“‘私の愛私のそばに’だけに深い愛情を持った作品もないです。 キム・ミョンミン先輩も私も時間が経つのを惜しんでとった映画ですからね。”
‘私の愛私のそばに’ではどれだけたくさんの観客を期待するかという質問に、ハ・ジウォンは欲張れば終わりがないと言葉を慎んだ。 でもそのどの時より努力して作った作品なので多くの人々が見てくれたら嬉しいという希望は隠せなかった。

◆そうだ、これがまさに愛だ

前作でチョ・インソン、チャン・グンソクなど年下俳優と恋人呼吸を合わせたハ・ジウォンは今年に入ってソル・キョング、キム・ミョンミンなど演技派先輩俳優とひきつづき一緒にした。
“先立って一緒に演技した俳優も本当に立派な友人でした。 しかし最近共にしたソル・キョング、キム・ミョンミン先輩には後輩として習う点が多くて良かったです。”
特にハ・ジウォンは‘私の愛私のそばに’のキム・ミョンミンを‘エネルギーあふれる俳優’と表現して“キム・ミョンミンのジョンウがいたので私もチスになって彼を思う存分愛することができた。”と明らかにした。

“チスとジョンウが争う場面を撮って演技が終わったのにずっと腹が立ちました。 度々私を離れようとするジョンウという男がとても憎くて私もびっくりしました。 そして感じましたよ。 ‘あ、これがまさに愛だ。’”

愛する人のためだから恥ずかしくてもできたとハ・ジウォンは回想した。 劇中ジョンウのためにスリーブレス ワンピースを着てピンクルの踊りまで踊るチスを演じたハ・ジウォンは“初めに恥ずかしかった。”と恥ずかしく微笑を浮かべた。
“その場面を誘って何度もとりましたよ。 初めは下手だと思ったけど後にはどうすればジョンウを笑わせようかとだけ考えました。 ‘私たちのジョンウが笑うべきなのに、さらにおもしろくさらに可愛くすべきだ。’”

◆私の愛私の運命、どこにあるのでしょうか?

映画の中であふれるように愛したハ・ジウォンは現実では誰かを愛しているだろうか。 ‘現在進行形’である愛は今はないとハ・ジウォンは淡々と話した。

“これは秘密ですが、私は作品の間は劇中の相手と本当に愛に陥ります。 友人は私がつきあう人がいないから相手キャラクターに‘オールイン’できるとからかいます。”
実際ハ・ジウォンよりもドラマや映画の中キャラクターで過ごした時間が多いというハ・ジウォンは“そのおかげで常に愛されて毎日恋愛して過ごしたようで孤独でもなかった。”と笑った。
“もちろんボーイフレンドがいれば良いだろうが‘合コン’でも人為的な出会いは嫌いです。 私はまだ世間知らずのように運命的な愛を待ちます。” (笑い)

‘私の愛私のそばに’をとって運命的な愛をさらに待つようになったというハ・ジウォン。 ‘1000万女優’よりは熱い情熱の俳優で記憶されたいという彼女はこれから演技も愛も明らかに運命のように美しくやり遂げるだろう。


PR

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

ようこそ~♪

映画「私の愛、私のそばに」の日本公開に向けて別館ブログを立ち上げました。 最新情報やキム・ミョンミン氏の過去のインタビュー記事等を紹介します。 こちらではコメントは受け付けていませんので、映画やミョンミンさんについてのコメントは本館「はっぴーるぴなす」でお待ちしております~(*^。^*) http://happylupin.blog113.fc2.com/
当ブログはリンクフリーです。 「私の愛、私のそばに」日本公開に向けて一緒に楽しんでくださるサイト様のリンク大歓迎いたします☆

「私の愛、私のそばに」公式サイト

「私の愛、私のそばに」公式サイト

予告編


カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

公開から何日と何時間

最新トラックバック