忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人間に対する無限の愛

パク・チンピョ監督













パク・ジンピョ監督"'私の愛私のそばに'という極めて現実的な映画"   

今年秋夕(チュソク)劇場街は涙でいっぱいだ。 映画'私の愛私のそばに'のためだ。 封切り1週間余りで全国100万観客を突破してボックスオフィス1位を走っているけれどパク・ジンピョ監督は相変らず心配なようだ。 "映画を作れば作るほどさらに大変だ"という言葉がおおげさな態度のように見られるが忠武路(チュンムロ)で映画を制作して演出する人なら震える緊張感を誰でも共感するだろう。
'私の愛私のそばに'はパク・ジンピョ監督の四作目の映画であり三作目の商業映画だ。 デビュー作'死んでもいい'と韓国メロー映画最高興行作の'君は私の運命'に続く'死んでも君は私の愛' 3部作あるいは疎外された人々の偏見を越えた愛3部作、簡単に'愛' 3部作の終着駅だ。 絶対的な愛を語る点でパク監督の前作'あいつの声'を含んだあなた作品は皆共通点がある。
"私もそんな愛ができなくて、そんな愛がある世の中で生きたくて映画で作るようです。 世の中にありえない愛というが、周囲を1、2回だけ見回してもある話です。 絶対的な愛がないと考えるのが偏見です。 老人たちは愛せないと決め付けること、エイズ患者は結婚できないということ、不治の病患者はプロポーズできないと考えること、それが偏見だと話すものです。"

パク・ジンピョ監督が'私の愛私のそばに'の素材のルーゲリック病を思い浮かべたのは'あいつの声'を撮ってからだった。
実話を扱った映画三編を終わらせて'当分実話を素材にした映画を作らない'と考えた。実話があたえる負担から抜けて気楽に映画が作れる素材を探して6人病室のいくつかの場面を思い浮かべたのが'私の愛私のそばに'の発端だった。
"6人病室の場面を思い浮かべて愛が人生になり人生が愛になる状況を描きたかったのです。 愛する人をそばに置くことが愛なのか、送ることが愛なのかという疑問から始まりました。"

◆ "キム・ミョンミン演技、体重減量が全部ではない"

問題はルーゲリック病を演技する俳優を探すということだった。 "一時は女性がルーゲリック病を病んで男が看護することも考えた"だが明確に体重を減らす女優を探すのもやさしくはなかっただろう。 俳優にも容易なことでは決してないためだ。 ハ・ジウォンをすでにキャスティングした後にもルーゲリック病患者役の俳優を探すためにパク監督は悩みに悩みを繰り返さなければならなかった。
"キム・ミョンミンをキャスティングした理由の中の一つは'自信がなくてできない'という話を私にしたためです。 その役をうらやましがった俳優がかなり多かったんですよ。 しかし演技力が優れない俳優が自信があるというのと演技力が優れた俳優が自信ないということの中どんなのがさらに信頼がいきましょうか? キム・ミョンミンが演技したジョンウ役を初めに設定した時も20kgを減量するつもりはなかったです。 コンピュータグラフィックとダミーの助けを受けるつもりでした。"

キム・ミョンミンは結果的に期待以上にやり遂げた。 彼はパク監督が意図したことより体重をさらに減らしたことだけでなくルーゲリック病にかかった人が持つ多様で複雑な感情を表現しやり遂げたのだ。 "体重減量にだけに焦点が合わされたのが残念ではあるがマーケティング ポイントを無視することはできない"と言いながらキム・ミョンミンが演じたジョンウの多様な感情を読みだすことを注文した。

◆ "全てのものは現実の中にある話"

'私の愛私のそばに'は監督の意図が純粋にそのままあらわれる映画だ。 体重減量というイシューのためにキム・ミョンミンに視線が集中した感がなくはないが'私の愛私のそばに'を見ればパク監督が初めから意図したように6人病室の小さい宇宙が見え始める。 愛が全てで人生が愛の人々。 イム・ハリョン、ナム・ヌンリ、ソン・カイン、イム・ソンミン、イム・ヒョンジュン、シン・シネなどの役が表面に見えることより、より大きい理由がここにある。

パク・ジンピョ監督は海外映画祭で注目される監督でもなく1000万観客を集める大当たり監督でもないが作品性と興行性という二匹ウサギを捕まえる稀有な演出家だ。 '私の愛私のそばに'は監督の存在を消す代わりに俳優とキャラクターを浮上させる彼だけの演出法がもう一度目立つ作品だ。
パク・ジンピョ監督が作る映画の核心は新派でもなくてメローでもない'人間に対する無限の愛'だ。 たびたびその愛は偏見を越える。 とてもロマンティックなのではないかと? パク・ジンピョ監督は"その全てのものが極めて現実的"と短くて明らかに答えた。

 

 


PR

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

ようこそ~♪

映画「私の愛、私のそばに」の日本公開に向けて別館ブログを立ち上げました。 最新情報やキム・ミョンミン氏の過去のインタビュー記事等を紹介します。 こちらではコメントは受け付けていませんので、映画やミョンミンさんについてのコメントは本館「はっぴーるぴなす」でお待ちしております~(*^。^*) http://happylupin.blog113.fc2.com/
当ブログはリンクフリーです。 「私の愛、私のそばに」日本公開に向けて一緒に楽しんでくださるサイト様のリンク大歓迎いたします☆

「私の愛、私のそばに」公式サイト

「私の愛、私のそばに」公式サイト

予告編


カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

公開から何日と何時間

最新トラックバック