忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<私の愛私のそばに>観客の心を打つ愛

私の愛 私のそばに














[レビュー] <私の愛私のそばに>観客の心を打つ愛 
    マックスムービー=キム・ギュハン記者

ルーゲリック病にかかったジョンウは奇跡が起こることを信じて希望を捨てない。 闘病中にもチスに出会い積極的に愛して司法勉強もあきらめないけれど、彼の筋肉は麻痺して行く。 毎日毎日変わって行く自身のからだを見守るのが恐ろしいジョンウは避けたかった言語障害を体験することになる。

毎日死に向き合う女と死を目前にした男が出会った。 愛する人の泣く姿をこれ以上見る自信がないジョンウはわざわざチスの心を痛くして離別を選ぼうとする。 状況だけおいてみれば新派に流れる要素が多い映画だが<私の愛私のそばに>は涙を強要しない。 劇中キャラクターと一定の距離を維持したパク・ジンピョ監督は涙がバンバン降りそうな場面でも感情を爆発させない。 むしろ限りなく悲しく見えることができる状況にユーモアを加味して観客の口元に微笑が浮かぶようにする。

映画は全体的に淡々としたトーンを維持する。 パク・ジンピョ監督は生きながら近づく不幸をありのまま描く。 ジョンウの障害は日常生活をさらに不便にするが、チスがジョンウを愛することには決して障害がない。 各人物が処した現実を見せた後、パク・ジンピョ監督はいかなる状況がきても愛する人間らしさを失わない勇気があなたにもあるのか静かに尋ねる。 計算的でない純粋な愛が観客の心琴を徐々に鳴らす。

純真な愛は私たちの精神的な空虚感を埋める。 死んでいく男と彼をそばで見守って痛みを飲み込まなければならない女の話の構図は事実特別に新しいこともない。 だが監督の真心と俳優の熱演は陳腐になりえる話に生命力を吹き込んだ。 偶然で始まったこれらの出会いは運命になって観客の心に愛という力があたえる偉大さを感じさせてくれる。
世の中にはこういう愛もある。 生と死の岐路の前で揺れない愛の物語を素材としたが映画は決して雲をつかむような愛の姿を描かない。 ルーゲリック病と力に余った死闘をするジョンウと彼のそばを守るチスの感情変化を繊細に描き出すと同時に、ジョンウとチスの周りの現実的な姿をのがさない。 ジョンウと同じ病室の人々の話は大切な家族愛に会うことができる。

パク・ジンピョ監督の前作がそうだったように<私の愛私のそばに>の核心は愛だ。 映画は現実という壁の前でつぶれやすい愛という感情、切ない喪失の痛みを滑らかに慰めてくれる。 二人の愛が力を発揮できたのは肉体的、精神的苦痛まで耐えて役に没頭した2人の俳優の演技があったためだ。 ジョンウを演じたキム・ミョンミンは愛する人に対する申し訳ない思いと切なさを暖かく伝達して陳腐さをよく避ける。 役のために7年間伸ばした髪を切ったハ・ジウォンの演技は愛らしい。夫を献身的に看護するチス役を担って観客の情緒を刺激する。

<私の愛私のそばに>はごり押し感動を誘導する装置がない。 植物人間に変わっていくジョンウキャラクターにたやすく憐憫を感じない。 映画は彼が耐え抜かなければならない状況をありのまま見せてルーゲリック病に対する深い理解に到達する。 国内だけで1500人余りを越える患者がいるがルーゲリック病に対する一般人の関心はきわめて低調だ。 “世の中で最も残酷な病気と呼ばれるルーゲリック病で苦痛受ける患者に社会的関心を誘導して少しでも役に立ちたかった”というパク・ジンピョ監督の風が成り立ったら良いだろう。
PR

俳優キム・ミョンミンはいて監督パク・ジンピョはなかった

私の愛 私のそばに














俳優キム・ミョンミンはいて監督パク・ジンピョはなかった  

ファンは彼を‘ミョンミン本座’と呼ぶ。演技が境地に登りつめたことを称する表現だ。 実際‘不滅のイ・スンシン’ ‘白い巨塔’ ‘ベートーベン ウイルス’で彼が見せた卓越したキャラクター消化力はそれこそ‘名不虚伝’ 単純に劇中の役を演技するのではなくその人物になって彼の人生を生きる‘メソッド演技’の代表走者らしく完ぺきな没入の‘名品演技’を見せた。 キム・ミョンミンが演技したイ・スンシン、チャン・ジュンヒョク、カンマエはドラマ キャラクターを跳び越えて生きている人物のように視聴者の脳裏焼き付いた。

‘私の愛私のそばに’は昨年人気突風を起こした‘ベートーベン ウイルス’以後の出演作だ。 TVドラマでの高い評価に比べて映画では‘ヒット’を飛ばすことができなかったのでより一層関心が傾いた。

映画は封切り前から話題を集めた。 世の中で最も残忍な病気と言われるルーゲリック病患者役を担ったキム・ミョンミンは実際患者のように毎日0.5~1㎏ずつ減量して総20㎏の生殺を抜く極限体験に挑戦した。 忠武路(チュンムロ)最高の話題作製造機パク・ジンピョ監督との組み合せも期待値を高めた。 ‘死んでも良い’ ‘君は私の運命’ ‘そいつ声’など、手がける作品ごとに大きな社会的波紋を起こしてきた監督だ。

秋夕(チュソク)シーズン‘花火のように蝶々のように’と正面対立した‘私の愛私のそばに’はひとまず100万人を先に突破して今年秋夕(チュソク)勝者に浮び上がった。 しかし残念なことに映画的成功とは距離が遠いようだ。 命をかけた極限減量という俳優の演技闘魂は感動的だが映画自体があたえる感動は少ないためだ。

劇中ジョンウは病気にかかって死んでいく。そして彼のそばを守る妻ハ・ジウォンの愛は切ないが、こういう状況と人物が与えなければならない切切としたことは客席によく届かない。 “あなた達に愛が分かるの”という直接的で露骨なセリフにもかかわらず客席の感情線には特別な波高がない。 ちょっと誇張して言うならば映画で一番そしてもしかしたら唯一感動的な部分はキム・ミョンミンの‘殺身成仁’級演技闘魂だけということだ。

‘ドキュメンタリー的演出’という修飾語と説明されたりしたパク監督特有の直説話法と劇的貧困が極大化されてセンセーション以上の映画的響きを引き出すことが出来ない映画がまさに‘私の愛私のそばに’だ。 観客は拍手して涙を流すがそれが映画のためなのかただものすごい俳優キム・ミョンミン個人のためなのか曖昧だ。 命をかけた俳優の闘魂を映画的完成度で結びつけるどころかマーケティング要素以上に引き出すことが出来ない監督の無力な演出は重ね重ね論議の的になるようだ。

相対的にハ・ジウォンの安定した演技が印象的だ。
ジョンウが亡くなってエンディング クレジットが上がる時生々しくてりりしい声のキム・ミョンミンが歌う‘私の愛私のそばに’はこの歌と青春を共にした40代以上観客には深い響きを与えるようだ。

ようこそ~♪

映画「私の愛、私のそばに」の日本公開に向けて別館ブログを立ち上げました。 最新情報やキム・ミョンミン氏の過去のインタビュー記事等を紹介します。 こちらではコメントは受け付けていませんので、映画やミョンミンさんについてのコメントは本館「はっぴーるぴなす」でお待ちしております~(*^。^*) http://happylupin.blog113.fc2.com/
当ブログはリンクフリーです。 「私の愛、私のそばに」日本公開に向けて一緒に楽しんでくださるサイト様のリンク大歓迎いたします☆

「私の愛、私のそばに」公式サイト

「私の愛、私のそばに」公式サイト

予告編


カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

公開から何日と何時間

最新トラックバック